肌の乾燥がニキビにつながるメカニズム

肌のいちばん外側の表面にあるのが角質層で、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)で角化した残存物です。
角質層は肌を刺激物質から守る「バリア機能」を実現していて、乾燥することが大敵。機能破綻を招いてしまいます。
身体は弱まったバリア機能を補完しよう皮脂膜を作って皮膚を覆おうとします。
皮脂の分泌量が増えるのです。
そうなると角質が皮脂と混ざり合いやすくなって角栓となり、角栓は次第に大きくなって毛穴に詰まっていき、それがニキビへと繋がっていきます。
このようなメカニズムが体内で自然に起きてしまうので、大元となる肌の乾燥を防いでバリア機能を維持することがニキビ予防にとって大変重要であると言えます。

冬でも夏でもニキビの人には乾燥対策が必要です

冬は日本海を渡ってきた低気圧が列島の日本海側に大量の雪を降らせ、山を越えて太平洋側に到達すると水分が奪い取られた乾いた風を吹かせるため、大気が常に乾燥し人の肌の表面からも水分を吸収していきます。
ニキビを予防したい人、治したい人にとってこれは大きな問題です。
また、冬に常時稼働しているストーブなどの暖房機器によっても部屋の空気が乾燥します。
「日本海側は雪が降るので大丈夫」では全くなくて、日本全国どこにいても乾燥には注意が必要です。

夏は空気の湿度は高いですが、外からエアコンが効いた部屋に帰ってきたり、逆に暑い外に出ていったりを繰り返すことによる温度変化や、加えて強い紫外線を直接受けることによる肌へのダメージなど、夏であっても乾燥肌になる要因はたくさん。
ニキビ撃退には季節関係なく保湿ケアしていかなければなりません。

ニキビ専用クリームルフィーナの口コミが書いてあるので参考にしてください。⇒ルフィーナ 口コミ

関連記事

    None Found