ジプソフィラの生酵素222の効果をより引き出す、正しい飲み方にはポイントがあります。

参考: ジプソフィラ 生酵素

1つ目は「水またはぬるま湯で飲むこと」です。
酵素は熱に弱く、高温で破壊されてしまうためです。
50度以上のもので飲んでしまうと酵素の効果を半減させてしまいます。

2つ目は「目的により飲む回数を変えること」です。
毎日酵素を補給して健康維持をしたい人は1日2粒を朝に飲む方法、美容と体調のサポートをしたい人は
1日4粒を朝食前2粒と夕食前2粒飲む方法、短期集中でダイエットしたいという人は1日6粒を毎食前2粒ずつ飲む方法といった自分の目的に合わせて飲む数を調整することで、より酵素の働きや効果を引き出しやすくしてくれます。

3つ目は「飲むタイミング」です。
ジプソフィラの生酵素222はサプリメントなので、いつ飲んでいいとされていますが、満腹になった食後に飲むよりも、食前の空腹状態で飲むことで先に酵素が身体に吸収されます。
食べ物の消化には酵素が欠かせないため食後の消化をスムーズにしてくれるメリットもあります。
時間として、食事の15分前が良いと言われています。
その際に、多めの水と生酵素222を摂取することにより空腹感が紛れ、ドカ食いでカロリー過多になってしまうのを防止することにもつながります。

よって、飲む回数や飲むタイミングを自分の目的に合わせて工夫することがジプソフィラの生酵素222の効果をより効果的に引き出してくれると言えます。

関連記事


    生きた酵素を補えるサプリメントが「こうじ酵素」です。 酵素は熱に弱い性質があり、加熱をすると活性が失われてしまいます。 そこで、こうじ酵素は熱を加えずに水分を取り除き、サプリメントを製造しています。 …


    栄養価は高いですし、美容とダイエットのいずれに対しても効果的だと言われるチアシード。 その具体的な効能というのは何か、どのタイミングで食べた方が良いのかなど、 ご覧のページで全て説明させていただきます…


    スムージーダイエットを実践するにあたり確認してもらいたいのは、 「満足感・費用・実質カロリー」の3つです。 これら3つ共に満足できるレベルのスムージーを ゲットしてやり続ければ、例外なく成功するでしょ…


    ロスミンローヤルとは、9種類の生薬成分を含む22種類の有効成分が配合されています。 生薬成分で血行改善してくれ、冷え性や血行不良、シミやしわの肌トラブルから守ってくれます。 ロスミンローヤルは、サプリ…


    カルグルトは水に溶かして飲んでもいいですが、プレーンヨーグルトや牛乳に入れて、ハチミツなどを加えて食べてもおいしいのだそうです。 私はパウダーのまま口に入れ、お水と一緒に流し込んでしまうことが多いです…